So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

冬休みまでに、あなたのマーク模試の成績を劇的に伸ばす方法 [大学受験英語長文対策]

このページは、唐澤サミット式【大学受験マーク式英語長文問題驚速正解システム構造原論】冬休みまでにくり返し読むだけで、あなたのマーク模試の成績を劇的に伸ばす方法の内容などの情報を公開しています。

もし、あなたがマーク模試の英語長文問題があまりに悲惨な結果だとして「こんな点数ならもう大学受験をあきらめようか…」と思い悩んでいたとしても、今からでも短時間に簡単に逆転可する方法があります。


TOEFL世界第3位をはじめ、「GRE」「LSAT試験」「世界ドイツ語共通検定(ZD)」といった、各種国際語学試験で軒並み世界トップクラスの成績を収めた日本トップの英語力を持つ英語達人の唐澤先生が、35年もの歳月をかけて編み出した英語読解のノウハウの全てを公開しています!!


この「驚速正解システム」は、マーク式英語長文問題代表のセンター英語長文問題第6問を使って、マーク式英語長文問題をシステム的に正解する方法を基本から説明しているので、すべてのマーク式英語長文問題に応用可能で、

・全文和訳の必要はなく「正解関連範囲」を特定し、その部分のみを使い正解が出せる
・選択肢を判断する基準として「正解公式」あるいは「間違い答えパターン」が身に付く
・同じ問題の中に複数の設問がある場合、あるポイントにマークや下線を引くことで正確な「正解カーナビ地図」となる

といった、マーク式英語長文問題を正解する奥義が、一日1時間ただくり返しマニュアルを読むだけで身につくようにされていますので、一ヶ月も経たないうちにセンター過去問をサクサク正解できて、センター英語長文など恐れるに足りないと感じるようになるはずです。


英語長文問題が苦手な高校3年生や浪人生はもちろん、高校1,2年生でも充分理解できる内容ですので、

・センター英語長文問題で英語問題文を読むスピードが遅くて、制限時間内に全問題を読み切れない。
・英語問題文を丁寧に読んでいくと時間がなくなり、途中から時間に焦ってテキトーな読み方になってしまう。
・英語問題文を読んでもしっかり頭に入らず、設問を読むとき再度読んでしまうので時間が足りなくなる。
・英語問題文を読んでいるうちに集中力が切れてしまう。
・短時間で解答するのに必要なところを見つける事が出来なくて時間を大幅にロスしてしまう。
・英語長文を読むと暗号を見ているようで眠くなってしまう。
・ずっと予備校に通ってコツコツ対策をしてきたのに、センター英語長文問題で全く点が取れない。

といった悩みを抱えいて「どうすれば、マーク式英語長文問題を素早く正解できるのか?」と想っている方は、公式サイトで、体験された方の感想なども確認してみてください。


実践された方の感想などはこちらです↓↓↓

冬休みまでに一日1時間最長でも30日以内くり返し読むだけで、センター英語長文問題をはじめ大学入試の主流である「マーク式英語長文問題」をスラスラ正解が目指せる!【唐澤サミット式】大学受験マーク式英語長文問題驚速正解システム構造原論





共通テーマ:資格・学び

一日2時間2週間12月でも間に合う英語長文問題の正解方程式(2016年最新センター英語長文問題題材) [大学受験英語長文対策]

このページは、唐澤 幸の【2016年最新センター英語長文問題題材】一日2時間2週間12月でも間に合う英語長文問題の正解方程式の内容などの情報を公開しています。


「英単語「英熟語」「英語構文」の勉強を、まじめに一生懸命頑張ってきたにもかかわらず、思うような成果を出せていない英語長文問題の悩みを抱えている受験生のための、最新センター英語長文問題題材が公開されました。


大学受験で受験生の目の前に立ちふさがるのが、センター試験です。

11月に戻ってきたセンター模試の結果を見て、「あんなに頑張ったのに・・・今頃こんな結果じゃ志望校を変えないといけなくなってしまう、、、(涙)」、

模試の結果をクシャクシャに丸め、ゴミ箱に捨てた…なんて経験はありませんか?


そんな、センター試験の中でも「鬼門」と言われているのが英語科目の英語長文問題なのですが、大学受験界では、「和訳して解く」ことしか教えられません。

そんな英語長文問題も実は、「英語長文問題を制する者はセンター試験を制する」とか、「センター試験を制する者が大学受験全体を制する」と言われるほど、受験生にとって非常に貴重なのです。


しかし、近年のセンター英語長文問題は、量が多く、構造的な問題も多いので早く和訳しても、「正解できる」ことが出来ない事が多いのです。

多くの受験生が矛盾を感じていると思いますが、今までの勉強のやり方では、いくら時間を費やしても志望校合格への道筋など見えてこないでしょう。

大学受験界では、今までの受験英語システムを崩せないからか、和訳して解く以外の方法が考えられないからか、英文和訳の問題でもないのに頑なに「和訳して解く」ということしか教えてこないので、

まじめに受験勉強をやってきた受験生でも、英語長文問題は安定的に高得点を取れない試験とされ、多くの受験生がセンター試験の中でも得点が安定しない科目として、この科目の得点で「泣か」させられる科目でした。


そんなセンター試験に対して、21歳でTOEFL世界第3位など、国際的な英語試験でトップクラスの成績をとってた唐澤先生は、センター試験が選択式英語長文問題であり、論理的に正解が導かれるはずと考え、選択式英語長文問題を正解する統一的システムを考案されました。

最初は、LSAT式として多くの受験生を志望大学に合格させてきた「センター脳」をつくりました。その教材は、今でも販売されていますが、2014年以降、センター試験がさらに抽象化したのを機に選択式英語長文問題の統一的正解法まで高め、短時間の勉強で高得点を取れるようなマニュアルを完成しました。

それがこの唐澤サミット式英語長文問題の正解方程式という正解システムです。

・センター試験直前の短時間でマスターできる
・マニュアルを繰り返し読み、その思考を身に付ければ、どんなに見かけが変わろうとも簡単に応用できる
・最小限の英語基礎知識でも選択式英語長文問題の本質的構造を掴んだやり方なので正解できる
・この思考をマスターすれば、ほかの大学の英語長文問題でも正解できるようになれる(ただし、英文和訳問題を除く)
・原書を読んでいても、そのポイントがわかるようになるとの報告も頂いております。


一日2時間、14日間で身につける【唐澤サミット式】選択式英語長文問題正解システムは、

・英語問題文を和訳する必要なし
・問題文でみるべきポイントが一目で分かる
・根拠を確信して正解を選べる
・膨大な英単語・英熟語・英語講文を暗記する必要がない
・問題文に仕掛けられている仕組みがすべて分かるようになる
・英語問題文の正解法が数学のように明確に説明されている
・問題の見かけが変更されても本質が分かるので回答できる

というようにマニュアルを数回読んだだけで、正解の仕方・ワナの仕掛けすべてが分かり、選択式英語長文問題の本質を理解できるように作られた教材です。


英語長文問題は実際に毎年受験生の多くが、失敗して志望校を受験できなかったりするのですが、多くの受験生が「安定的に高得点」を取れないといわれているこの科目での得点の差が受験生の運命の差となりうるはずです。

あなたも、一日2時間14日間(※当社モニターさん調べ)の勉強だけでセンター本番の英語長文問題を高得点をとるためのシステム選択式英語長文問題の正解方程式を身につけてみませんか?


実践された方の評判や感想なども、公式サイトでご覧下さい↓↓↓


1日2時間で2週間の短時間でマスター可能(当社モニターさん)。最新センター英語長文問題を和訳不要で、キーワードと正解公式で、根拠を確信して、数学のようにサクサク正解で高得点。英語長文問題の正解方程式(2016年センター英語長文問題題材)





共通テーマ:資格・学び

梅村武史の第一志望大学に一発合格する【わくわく試験合格術】東大卒脳力開発インストラクターが教えるE判定からの軌跡の逆転合格術 [大学受験勉強法]

このページは、梅村武史先生の第一志望大学に一発合格する【わくわく試験合格術】東大卒脳力開発インストラクターが教えるE判定からの軌跡の逆転合格術の効果や内容などの情報を公開しています。


大学受験を控えて、

・成績が中々上がらずこのままでは志望校に合格できない!
・どうやって勉強したら良いのか分からない!
・直ぐに集中力が途切れる!
・モチベーションが続かない!
・どの大学を選択したら良いのか分からない!
・苦手科目が足を引っ張っている!
・得意科目の成績をもっと伸ばすにはどうしたら良いか分からない!
・受験の意味が分からなくなってしまった!

という受験生や、そんな受験生を持った親御さんは、

・子供との接し方がわからない!
・子供の考えていることがわかならい!
・子どもがやる気になってくれない!
・浪人させる経済的ゆとりがない!
・子供と志望校について衝突がある!

というような悩みを持っている場合もあると思いますが、そんな受験生や、親御さんにお勧めなのが、梅村武史先生の【わくわく試験合格術】で、1日、たったの5分のトレーニングで勉強が10倍加速する、E判定からの軌跡の逆転合格も可能です。


試験には極意があって、「試験の本質」が分かると、従来の非効率な勉強法や退屈な受験から脱却することができて、受験勉強は、つらく苦しいものではなく、わくわくし、楽しくなってきますし、

合格に焦点をあてた勉強法とそれを達成するための達成計画により、勉強が楽しくなり、行きたい大学へ最短で一発合格できる方法や、

受験期の、お子様との接し方などに悩んでおられる親御さんを含めた、家族を対象としたプログラムになっていて、一般の学習塾や予備校では絶対に教えてもらえない内容になっています。


志望大学に合格する方法【わくわく試験合格術】は、2枚組のDVDで19,800円で提供されていて、目先の受験テクニックだけでなく、脳力開発の視点から見た試験に合格する方法がまとめられていますので、資格試験や、仕事にも大変有効な方法です。


公式サイトはこちらです↓↓↓





東大卒脳力開発インストラクターが教えるわくわく試験合格術




共通テーマ:資格・学び

和田秀樹の【中学受験親のバイブル】中学受験に悩む親の心構えと、正しい方向に子供を導いて中学受験を成功させるテクニック [中学受験親のバイブル]

このページは、受験アドバイザー 和田秀樹 先生の【中学受験親のバイブル】中学受験に悩む親の心構えと、正しい方向に子供を導いて中学受験を成功させるテクニックの効果や内容などの情報を公開しています。


遊びたい盛りのかわいいわが子を無理やり机にしばりつけたり、高熱があっても、勉強の遅れが気になって塾を休ませることができなかったり、中学受験を控えた子供を持つ親の悩みも大変な物かと思いますが、ほとんどの中学受験生の親は同じように悩み苦しみます。

そこで、そんな悩みを持つ親の為に作られた教材が、和田秀樹 先生の【中学受験親のバイブル】です。


うちの子は、有名な塾へ通わせているから大丈夫だという方もいるかもしれませんが、中学受験を成功させるのは、有名塾のカリスマ教師や一流の家庭教師ではなく、

親の心構えや受験に関する情報収集能力や、子供をその気にさせるテクニックや叱り方など、親の子供への接し方が非常に大切になってきます。


高校受験や大学受験とは違って、中学受験は親の受験ともいわれますが、生まれて10年ちょっとしかたっていない子供が、親が一切関わることなしに自主的に目的を持って勉強するわけがないのです。

たとえ、塾へ通わせていたとしても、先生は単純に塾のカリキュラムに従って教えていくだけですので、もともと頭のいい子の成績はぐんぐん伸びますが、そうでない子はおいてきぼりを食らう可能性もありますし、

優秀な家庭教師を連れて来ようとも、それだけで難関校にすんなり入ってしまうのは、ごく一部の秀才だけです。


親であるあなた自身が、中学受験の要領を身につけて、自分のお子さんを正しい方向に導いてあげられるかどうかで、中学受験が成功するか失敗するかが決まってしまうのです。

親が変われば、必ずあなたの子どもも変わりますし、その結果あなた自身が思い悩むこともなくなります。


この、中学受験勉強「中学受験親のバイブル」は、あなたを「勝ち組お母さん」に変身させるために、特別に撮り下ろした、「親のメンタルケア編」・「親の心構え編」・「受験テクニック編」の映像が収められていて、19,800円で提供されていてます。

精神科医として、中学受験に精通した受験のプロ、和田秀樹の本気のメッセージが入っていますので、中学受験を控えた親が、自分の子供にあった成績アップのためのテクニックをアドバイスしてあげることで、

成績が伸び悩んでいる子供でも、劇的に成績をアップさせることも可能なのです。


公式サイトはこちらです↓↓↓


中学受験勉強 和田秀樹が教える 中学受験 親のバイブル




共通テーマ:資格・学び

河原利彦 塾長の【中学英語速習教科書 英語は2パターンしかない!】高校受験で英語を確実な得点源にする最短勉強法 [高校受験の為の中学速習シリーズ]

このページは、河原塾 河原利彦 塾長の【中学英語速習教科書 英語は2パターンしかない!】高校受験で英語を確実な得点源にする最短勉強法の効果や内容などの情報を公開しています。


河原塾長の【中学英語速習教科書 英語は2パターンしかない!】は、高校受験で英語を確実な得点源にするための、最短で全就学英語を速習するための勉強法がまとめられています。


河原塾は、茨城県土浦市で学習塾を開いて今年で28年になりますが、

・子供たちが自主的に動ける、依存度を大きくしない教育
・安易な褒め、叱りをしない、状況に応じての学びの本質を考えての教育
・存在への勇気づけを常に与えていく教育

という独特の指導法により、子どもたちの成績を大きく上げることで知られていて、英語が苦手な子を持つ親御さんからも、学校の英語の点数がどうしても上がらないとか、

英語を基礎からやり直したいけれど、何かいい方法はないかという悩みが寄せられるそうです。


そんな方のための、【中学英語速習教科書 英語は2パターンしかない!】は、英語基本文を通じて、高校受験はもちろん、基礎的な英語会話に必要な英語能力をカバーしていくための英語学習法がまとめられています。


中1の基本文は、英語の基礎の基礎なのですが、子供が英語を苦手だという場合は、この部分の見直しが必要で、

あなたの子供が苦手としている部分わ別な角度から説明していきますので、入塾すれば、1ヶ月で変化がおき、英語の成績がぐんぐん上がっていく子も多く、実力テストや入試本番でも圧倒的な点数を叩きだしていますが、

受験用に作られた、【中学英語速習教科書 英語は2パターンしかない!】は、最新高校入試に必要な「重要文」も厳選されていて、150ページにまとめられていて、

1学年7日、3学年分で21日あれば、ほとんどの中学英語が速習出来るのです。


この、【中学英語速習教科書】は、24,000円で提供されていて冊子版とPDF版が選べて、

・専用ホームページで受講できる「ブロック基本文英語特別授業 約5時間分」
・21日速習のための秘密兵器「マジックワーク PDFで6冊分」

という特典もついていますので、短期間で、実力テストや入試本番で、圧倒的な点数を出せるはずです。


実践された方の感想や映像での説明など、公式サイトでご覧になれます↓↓↓


中学英語速習教科書 「英語は2パターンしかない!」




共通テーマ:資格・学び

高卒認定試験に1発合格する勉強法(不登校で高校中退した神子雅史のニートや引きこもりでも独学で最短日数で高認を取得するコツ) [高卒認定試験勉強法]

このページは、高卒認定試験に1発合格する勉強法(不登校で高校中退した神子雅史のニートや引きこもりでも独学で最短日数で高認を取得するコツ)の効果や内容などの情報を公開しています。


神子雅史さんの、【60日間で高卒認定試験に1発合格するための勉強法】は、高卒認定を取って、今までの人生を一変させたいとか、夢を叶えたいと考えているけれど、

・高校を中退して4年以上のブランクがある
・中学生レベルの問題も自信がない
・特に英語はちんぷんかんぷん
・中退後、ひきこもりやニートになり、勉強を続けられる自信がない

など、不安を抱えているという方や、20万円以上もする高認予備校のお金を払えないという方のために、神子さんが自分の体験を元にして作り上げた、独学で高卒認定を取得するための教材です。


不登校で高校中退したり、ニートや引きこもりを繰り返していた方は、独学で勉強すると決めても、すでに勉強する習慣もなくなってしまっていたり、暗記するのが苦手だったり、ブランクも長く、勉強するモチベーションが保てるか不安もあるかもしれませんし、

高認情報をネットで調べれば、何種類もの問題集がすすめられていて、どの教材を使って勉強すれば良いのかもわからないと思います。

神子さんの場合は、1年次に高校を中退しているので免除科目はゼロで、8科目で合格する必要がありましたが、合格点ギリギリでも、できるだけ短期間で合格点を取るかにフォーカスした勉強法ですので、

全教科でA評価を取って高認に合格したいという方には向かないかもしれませんが、確実に点を取りに行く問題と最初から勉強せずスルーする問題を取捨選択し、徹底的に効率化して勉強していきますので、

勉強の時間が取れない人でも、集中が続かない人でも、何から勉強したら良いか分からない人でも、やるべきことが明確になり、モチベーションを保ちながら勉強を続けられます。


神子雅史さんの、【60日間で高卒認定試験に1発合格するための勉強法】で、合格点ギリギリでもいいので、高認に合格してしまえば、専門学校や大学に進学したいとか、資格を取りたいとか、就職したいという夢や目標への最初のステップとなるずです。


高卒認定試験は年2回(8月と11月)実施されますが、通信高校に通う場合、入学金から、授業料、教材費、スクーリング費用、施設整備費などのお金がかかり最低でも20万円かかりますし、

高認予備校の場合、1科目の受講で最低3万円から10万円かかり、全8科目を受講するとなると最低25万円で、最低でも合格までに4ヶ月という時間を必要とするようですが、

合格点ギリギリでもいいので、短期間で高認に合格するための【60日間で高卒認定試験に1発合格するための勉強法】は、29,800円(税込)で提供されていて、

モチベーションを高める方法、楽に合格点を取れる科目選択の仕方、問題集の選び方、活用法。最短で合格する為のスケジュールの立て方、効果的な暗記方法、英語に苦手意識がある方でも最短で合格点を取る方法など、

神子さんが実践した、高卒認定試験を独学で合格する為の勉強法がまとめられていて、「90日間の全額返金保証」、「回数無制限のメールサポート」の他にも、

高認を取ったら看護師さんになりたいとか、専門学校に行って資格を取りたいという方のために、『10年後も食べる事に困らない仕事・資格リスト』をまとめた無料レポートなどの特典も付いています。


公式サイトはこちらです↓↓↓





60日間で高卒認定試験に1発合格するための勉強法




共通テーマ:資格・学び

河原塾 河原利彦 塾長の【中学の英語・数学・理科復習教材】中1速習シリーズ・中2速習シリーズ [高校受験の為の中学速習シリーズ]

このページは、河原塾 河原利彦 塾長の【中学の英語・数学・理科復習教材】中1速習シリーズ・中2速習シリーズの効果や内容などの情報を公開しています。


中学に入りたての頃は、何事にも活発で、勉強の成績もよかった、わが子も、夏休みが過ぎ、2学期になると、得意だった科目にも、少しずつわからない所が出てきて、成績に陰りが見え始めたとか、

毎日、部活動をやり、家に帰れば学校や塾の宿題に追われていて、分からなくなってしまったところを復習する時間などまったくないなど、

絶対的に時間が足りなってしまって、嘆いても成績が落ちることに歯止めはかからないし、何をどうしたらいいか、まったく分からないという子供たちも多いのです。


中学に入りたての頃、勉強の成績が良かったという子供なら、なおさらのこと、油断してしまうのも当たり前のことですが、いつのまにか、自分が出来ない仲間に入っていることに気づき、ショックを受けてしまって、自身も失ってしまって、

さらに、成績が下がってしまうという事になりかねないのですが、そんな子供たちのために、短期間で不得意を直させ、やる気を復活させ、自信をもたせてあげるための教材が、河原塾長の【中1速習シリーズ・中2速習シリーズ】です。


毎年、河原塾にも、そんなお母様とお子様が、助けを求めて尋ねるそうですが、

そういう子供達のために、河原塾長の膨大な量の授業映像の中から重要ポイントをピックアップし、重要ポイントを絞り編集し、英語、数学、理科の3教科の、1年分の重要部分を短期間で徹底的に速習する教材を作り上げました。

本当は塾生のためだけに作ったもので、 外に出すという事は考えていなかったそうですが、多くのメールを頂き相談内容を読んでいるうちに、河原塾長も、そういうお子様を助けてあげたいと思うようになったことから、一般公開されています。


河原塾速習シリーズは、中1速習シリーズとも中2速習シリーズが用意されていて、

1度見ると、やる気がわくそうです。
2度見ると、内容がどんどん分かってくるそうです。
3度目は、もっと他のことも、知りたくなってくるそうです。


中学1年の勉強がわからなくなった人や、高校受験のために、中2、中3生の「中1範囲」の総復習として学習したい方のための、中1重要項目を攻略するための【中1シリーズ】は、

英語速習は45分で6,800円数学速習は1時間54分で17,000円理科速習は1時間28分は13,000円で提供されていて、それぞれ選択することが出来ますので、

中学1年の勉強を速習したい方はこちらをご覧ください↓↓↓

河原塾 の【中学の英語・数学・理科】中1速習シリーズ


また、中1、中2の勉強をおろそかにしてしまっていて、中3こそがんばろうとか、高校受験のための「中2範囲」の総復習をしたいという方の為の【中2シリーズ】は、

英語速習は2時間25分で17,600円数学速習は6時間57分で54,400円理科速習は7時間08分は50,800円で提供されていて、それぞれ選択することが出来ます。

中学2年の勉強を速習したい方はこちらをご覧ください↓↓↓

河原塾 の【中学の英語・数学・理科】中2速習シリーズ




共通テーマ:資格・学び

唐澤 幸の【大学受験LSAT式英語長文問題速解法 難関大学オーソドクス問題制覇編】マニュアルを読むだけで、国立・私立難関大学の英語長文問題をすらすら解くスーパーテクニック [大学受験英語長文対策]

このページは、唐澤 幸先生の【大学受験LSAT式英語長文問題速解法 難関大学オーソドクス問題制覇編】マニュアルを読むだけで、国立・私立難関大学の英語長文問題をすらすら解くスーパーテクニックの効果や内容などの情報を公開しています。


司法試験で、「民法を制するものは司法試験を制する」と言われますが、大学受験、特に、私立の超難関大学で、逆転合格するためには、「英語科目」が一番重要と言われていますが、

その中でも、英語の配点の7割~9割を占める英語長文問題は、相当に得意な受験生を除いて、ほとんどの受験生にとっては、ある一定のレベルまで来たら「見えない壁」が現れますので、

ライバルに勝つためには、英語長文問題を制するものは合格を制すると行ってもいいほど重要性が高いのです。


この、英語長文問題は、一見して、「英語知識」が問われているように見えますが、実は、情報処理能力が問われていて、「混乱」による読み返しや思い違いで、時間が足りなくなって自滅するというタイプの問題なのです。


そこで紹介するのが、21歳でTOEFL世界第三位をとった唐澤先生の【大学受験LSAT式英語長文問題速解法 難関大学オーソドクス問題制覇編】で、

・難関大学英語長文問題合格力を短時間でまとめたい
・難関大学英語長文問題の制限時間内での正解力を飛躍的に伸ばしたい
・難関大学英語長文問題で安定的に合格平均点以上を取ることを目指したい

というような悩みを持つ受験生の為の、短時間「読むだけ」で、正確に混乱なく、選択問題を確信を持ってザクザク処理して、英語長文問題処理の特別なやり方や、実践的な戦略的思考を身につけ、難関大学英語長文問題を安定的に得点することを目指すマニュアルです。


これまでの「受験界」の英語長文対策では、英単語8,000以上、英熟語3,000以上、英語構文2,000以上の大量の英語知識と、

6ヶ月~1年間の「多読期(速読期)」の大量の英語長文問題演習が必要とされていましたので、ドギモを抜かれるかもしれませんが、


日本初公開の唐澤先生の英語長文問題のメソッドの秘訣を知るだけで、社会科目は本文を読む必要なんてなく、設問をみて必要な時に読むという感じで正解できるので、大学受験本番で、素早く・正確に・混乱なく試験に対処して得点を重ねるようになれることをみこめます。

大事なことは、正解に「必要な箇所」を的確につかみ正解のためだけに必要な処理作業をする以外に方法はありません。


予備校や一般の参考書では、「スラッシュリーディング」とか、「パラグラフリーディング」や、「左から読む」とか、「英語長文問題全体を訳して意味をとって解く」ことを前提にして教えているのが主流のようですが、

全部和訳して解こうとするから、問題作成者の思うツボにはまってしまってドツボにはまってしまうので、間違っても、英語問題文(記述式問題も含めて)を、全部「日本語に訳して意味を理解」して解こうとしてはいけません。

実際の試験では、受験生は、一見、容易に見える難問に時間を浪費しますが、どうやって難問に時間を浪費せずに得点しやすいポイントをどう見つけるかが最重要で、読むべきの部分を簡単に見つける方法も教えていますので、

読む箇所を拾い出すのも簡単で、超緊張した本試験でも「時間切れ」になってしまうこともありません!


このマニュアル【大学受験LSAT式英語長文問題速解法 難関大学オーソドクス問題制覇編】は期間限定で19,900円で提供されていて、本体の他にも特典もついていますので、

何回も読み[解法のコツ」をインストールして、志望大学の「過去問」を5年分やるだけのほうが、「脳」が整理され安定的に得点できるようになるはずです。


実践された方の評判や感想など、公式サイトから覧になれます↓↓↓


(LSAT 式) TOEFL世界第3位の戦略と戦術を使ってサクサク得点!早稲田大学など超難関大学英語長文問題もスラスラ高得点!この戦略と戦術に当てはめるだけ難関大学でもラクラク合格点!大学受験LSAT式英語長文問題速解法 難関大学オーソドクス問題制覇編




共通テーマ:資格・学び

和田秀樹の【受験の方程式】大学受験合格に特化した独自の勉強法 [大学受験勉強法]

このページは、受験の神様と呼ばれる和田秀樹さんの【受験の方程式】大学受験合格に特化した独自の勉強法の効果や内容などの情報を公開しています。


和田秀樹さんの受験の方程式は、「絶対に、わが子を大学受験に合格させたい!」と、真剣に考えているあなたのために作られた大学受験専用の合格法です。


勉強が出来ないで悩んでいる子供は、頭が悪いのではなくて、効率が悪い方法で勉強していたため、たくさん時間を掛けて勉強しているにも関わらず、勉強が進まずに成果が出ていないのですが、

勉強が出来る生徒と出来ない生徒の違いは、「正しい勉強法を知っているか、知らないか。」だけのことなのです。


東大に合格するような学生のほとんどは、「何時間勉強したか」よりも、「どのくらい勉強が進んだか」を重視しています。

要するに、「合格に必要のない勉強は一切やってはいけない!」 のです。


和田秀樹さんの構築した受験勉強法、「和田メソッド」は、志望校に合格するための勉強だけを集中的に行い、短い時間でも多くの勉強量をこなせる独特な勉強法を実践するという、他に類を見ない効率の良い受験勉強法です。

「和田メソッド」の全てを詰め込んだDVD教材セット「受験の方程式」は、まず、あなたの志望校分析をして、自分の実力を正確に把握して、目標とする大学の合格に必要な勉強だけを人の10倍のスピードで実践するというステップを、

自分で実践できるように作られているので、あなたのお子さまも少ない時間でも効率良く勉強することが出来るはずです。


「受験の方程式」は、24,800円で提供されていて、

・和田秀樹の受験の方程式DVD1枚 (収録時間89分)
・スタートレベルチェックシート 49ページ
・合格へのステップを明確にする「受験計画表シート」 3枚
・受験勉強入門合格ガイダンス (173ページ)
・受験入門勉強法マニュアル (171ページ)

という本体の他にも、

・志望校の分析が行いやすくなる「全国受験情報データベース」
・東大生のノートの取り方がわかる「和田式ノート術見本シート」
・受験勉強に強い脳を作る「受験脳構築マニュアル」

等の特典もついていて、和田さんが、長い年月を掛け苦心して構築した受験勉強法の全てがパッケージにされていますので、

あなたのお子さまも、勉強の「やり方」さえ知ってしまえば、大学に現役合格することも可能なのです。


実践された方からの感想なども、公式サイトからご覧ください↓↓↓





和田秀樹の受験の方程式



共通テーマ:資格・学び

松平勝男の【東京大学法学部受験突破の勉強法】成績の悪い子も短期間で学力や偏差値をアップする逆転合格の極意 [大学受験勉強法]

このページは、松平勝男先生の【東京大学法学部受験突破の勉強法】成績の悪い子も短期間で学力や偏差値をアップする逆転合格の極意の効果や内容などの情報を公開しています。


成績の悪い子や不器用な子は、「勉強のやりかた」をしらないから学力も偏差値もよくないのですが、松平勝男先生の【東京大学法学部受験突破の勉強法】は、その「勉強の能率を大幅に引き上げる為の勉強法」を教えている教材です。

実際に、松平先生が、1日8時間睡眠をとりながら、たった35日間で偏差値70を突破し、東京大学、さらには大学院に進学できた勉強法で、

長時間勉強するよりも、優秀な講師陣を揃えた塾に通うよりも、急激に、劇的に学力偏差値をアップさせる方法です。


あなたの学生時代にも、2通りいませんでしたか?

1・「勉強命!」を絵に描いた様なガリ勉タイプの同級生と、
2・お洒落もするし、友達とも頻繁に遊んでいるイマドキタイプ、なのに秀才の同級生。

というように 2に該当する人は『ある勉強法』を先天的にマスターしていて、それを実践している事が考えられます。


家庭教師を雇ったり、学習塾にかよったり、手当たり次第参考書を買い与えたり、勉強の『質』と『量』だけに頼った勉強法には限界がありますし、

もっとも注意しなくてはならないのは、お子さんの精神状態で、結果も出ないと言うジレンマを抱えてしまって、成績が上がらなくて「勉強しても自分はダメ」だと思ってしまったり、

成績が上がる喜びを知らないので勉強にやりがいを全く感じられなくり、必死に勉強する意味も感じられず、熱意も沸かなくなってしまったり、非常に強いストレスを感じている場合もあります。


松平先生の【東京大学法学部受験突破の勉強法】は、先生自身の経験から作り上げた、これまでの勉強スタイルを180度変えてしまう、その気さえあれば簡単に実践できてしまう勉強法で、

時間も忍耐もそれほど必要とせず、最低限の準備だけで、どんな難関試験でも簡単に突破するという、現在市販されている様々な書籍よりも、ある意味非常識で、効果の高い勉強方法がまとめられています。


松平先生の【東京大学法学部受験突破の勉強法】、不器用だからできる逆転合格の極意は16,800円で提供されていて、

入試小論文で、圧倒的な高評価を得られるノウハウをまとめた「入試小論文徹底攻略メソッド」や、通学途中の時間や、空いた時間にテキストを見ながら、手軽に聞いていただけるテキストを音声にしたデータも特典としてついています。


マニュアルを手にしてみれば、わかるはずですが1日の勉強時間も必要最低限で十分です。

今すぐお子さんに“この勉強法”を教えてあげてください。


実践された方の感想など、公式サイトからご覧ください↓↓↓





【東京大学法学部受験突破の勉強法】 不器用だからできる“逆転合格の極意”




共通テーマ:資格・学び
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。