So-net無料ブログ作成
検索選択

唐澤 幸の【大学受験LSAT式英語長文問題速解法 難関大学オーソドクス問題制覇編】マニュアルを読むだけで、国立・私立難関大学の英語長文問題をすらすら解くスーパーテクニック [大学受験英語長文対策]

このページは、唐澤 幸先生の【大学受験LSAT式英語長文問題速解法 難関大学オーソドクス問題制覇編】マニュアルを読むだけで、国立・私立難関大学の英語長文問題をすらすら解くスーパーテクニックの効果や内容などの情報を公開しています。


司法試験で、「民法を制するものは司法試験を制する」と言われますが、大学受験、特に、私立の超難関大学で、逆転合格するためには、「英語科目」が一番重要と言われていますが、

その中でも、英語の配点の7割~9割を占める英語長文問題は、相当に得意な受験生を除いて、ほとんどの受験生にとっては、ある一定のレベルまで来たら「見えない壁」が現れますので、

ライバルに勝つためには、英語長文問題を制するものは合格を制すると行ってもいいほど重要性が高いのです。


この、英語長文問題は、一見して、「英語知識」が問われているように見えますが、実は、情報処理能力が問われていて、「混乱」による読み返しや思い違いで、時間が足りなくなって自滅するというタイプの問題なのです。


そこで紹介するのが、21歳でTOEFL世界第三位をとった唐澤先生の【大学受験LSAT式英語長文問題速解法 難関大学オーソドクス問題制覇編】で、

・難関大学英語長文問題合格力を短時間でまとめたい
・難関大学英語長文問題の制限時間内での正解力を飛躍的に伸ばしたい
・難関大学英語長文問題で安定的に合格平均点以上を取ることを目指したい

というような悩みを持つ受験生の為の、短時間「読むだけ」で、正確に混乱なく、選択問題を確信を持ってザクザク処理して、英語長文問題処理の特別なやり方や、実践的な戦略的思考を身につけ、難関大学英語長文問題を安定的に得点することを目指すマニュアルです。


これまでの「受験界」の英語長文対策では、英単語8,000以上、英熟語3,000以上、英語構文2,000以上の大量の英語知識と、

6ヶ月~1年間の「多読期(速読期)」の大量の英語長文問題演習が必要とされていましたので、ドギモを抜かれるかもしれませんが、


日本初公開の唐澤先生の英語長文問題のメソッドの秘訣を知るだけで、社会科目は本文を読む必要なんてなく、設問をみて必要な時に読むという感じで正解できるので、大学受験本番で、素早く・正確に・混乱なく試験に対処して得点を重ねるようになれることをみこめます。

大事なことは、正解に「必要な箇所」を的確につかみ正解のためだけに必要な処理作業をする以外に方法はありません。


予備校や一般の参考書では、「スラッシュリーディング」とか、「パラグラフリーディング」や、「左から読む」とか、「英語長文問題全体を訳して意味をとって解く」ことを前提にして教えているのが主流のようですが、

全部和訳して解こうとするから、問題作成者の思うツボにはまってしまってドツボにはまってしまうので、間違っても、英語問題文(記述式問題も含めて)を、全部「日本語に訳して意味を理解」して解こうとしてはいけません。

実際の試験では、受験生は、一見、容易に見える難問に時間を浪費しますが、どうやって難問に時間を浪費せずに得点しやすいポイントをどう見つけるかが最重要で、読むべきの部分を簡単に見つける方法も教えていますので、

読む箇所を拾い出すのも簡単で、超緊張した本試験でも「時間切れ」になってしまうこともありません!


このマニュアル【大学受験LSAT式英語長文問題速解法 難関大学オーソドクス問題制覇編】は期間限定で19,900円で提供されていて、本体の他にも特典もついていますので、

何回も読み[解法のコツ」をインストールして、志望大学の「過去問」を5年分やるだけのほうが、「脳」が整理され安定的に得点できるようになるはずです。


実践された方の評判や感想など、公式サイトから覧になれます↓↓↓


(LSAT 式) TOEFL世界第3位の戦略と戦術を使ってサクサク得点!早稲田大学など超難関大学英語長文問題もスラスラ高得点!この戦略と戦術に当てはめるだけ難関大学でもラクラク合格点!大学受験LSAT式英語長文問題速解法 難関大学オーソドクス問題制覇編




共通テーマ:資格・学び