So-net無料ブログ作成
検索選択
大学受験英語長文対策 ブログトップ

夏休み期間中にくり返し読むだけで、あなたのマーク模試の成績を劇的に伸ばす方法 [大学受験英語長文対策]

このページは、唐澤サミット式【大学受験マーク式英語長文問題驚速正解システム構造原論】夏休み期間中にくり返し読むだけで、あなたのマーク模試の成績を劇的に伸ばす方法の内容などの情報を公開しています。

もし、あなたがマーク模試の英語長文問題があまりに悲惨な結果だとして「こんな点数ならもう大学受験をあきらめようか…」と思い悩んでいたとしても、今からでも短時間に簡単に逆転可する方法があります。


TOEFL世界第3位をはじめ、「GRE」「LSAT試験」「世界ドイツ語共通検定(ZD)」といった、各種国際語学試験で軒並み世界トップクラスの成績を収めた日本トップの英語力を持つ英語達人の唐澤先生が、35年もの歳月をかけて編み出した英語読解のノウハウの全てを公開しています!!


この「驚速正解システム」は、すべてのマーク式英語長文問題に応用可能で、

・全文和訳の必要はなく「正解関連範囲」を特定し、その部分のみを使い正解が出せる
・選択肢を判断する基準として「正解公式」あるいは「間違い答えパターン」が身に付く
・同じ問題の中に複数の設問がある場合、あるポイントにマークや下線を引くことで正確な「正解カーナビ地図」となる

といった、マーク式英語長文問題を正解する奥義が、一日1時間ただくり返しマニュアルを読むだけで身につくようにされていますので、一ヶ月も経たないうちにセンター過去問をサクサク正解できて、センター英語長文など恐れるに足りないと感じるようになるはずです。


ですので、

・センター英語長文問題で英語問題文を読むスピードが遅くて、制限時間内に全問題を読み切れない。
・英語問題文を丁寧に読んでいくと時間がなくなり、途中から時間に焦ってテキトーな読み方になってしまう。
・英語問題文を読んでもしっかり頭に入らず、設問を読むとき再度読んでしまうので時間が足りなくなる。
・英語問題文を読んでいるうちに集中力が切れてしまう。
・短時間で解答するのに必要なところを見つける事が出来なくて時間を大幅にロスしてしまう。
・英語長文を読むと暗号を見ているようで眠くなってしまう。
・ずっと予備校に通ってコツコツ対策をしてきたのに、センター英語長文問題で全く点が取れない。

といった悩みを抱えいて「どうすれば、マーク式英語長文問題を素早く正解できるのか?」と想っている方は、公式サイトで、体験された方の感想なども確認してみてください。


実践された方の感想などはこちらです↓↓↓

夏休み中に一日1時間最長でも30日以内くり返し読むだけで、センター英語長文問題をはじめ大学入試の主流である「マーク式英語長文問題」をスラスラ正解が目指せる!【唐澤サミット式】大学受験マーク式英語長文問題驚速正解システム構造原論




一日2時間2週間12月でも間に合う英語長文問題の正解方程式(2016年最新センター英語長文問題題材) [大学受験英語長文対策]

このページは、唐澤 幸の【2016年最新センター英語長文問題題材】一日2時間2週間12月でも間に合う英語長文問題の正解方程式の内容などの情報を公開しています。


「英単語「英熟語」「英語構文」の勉強を、まじめに一生懸命頑張ってきたにもかかわらず、思うような成果を出せていない英語長文問題の悩みを抱えている受験生のための、最新センター英語長文問題題材が公開されました。


大学受験で受験生の目の前に立ちふさがるのが、センター試験です。

11月に戻ってきたセンター模試の結果を見て、「あんなに頑張ったのに・・・今頃こんな結果じゃ志望校を変えないといけなくなってしまう、、、(涙)」、

模試の結果をクシャクシャに丸め、ゴミ箱に捨てた…なんて経験はありませんか?


そんな、センター試験の中でも「鬼門」と言われているのが英語科目の英語長文問題なのですが、大学受験界では、「和訳して解く」ことしか教えられません。

そんな英語長文問題も実は、「英語長文問題を制する者はセンター試験を制する」とか、「センター試験を制する者が大学受験全体を制する」と言われるほど、受験生にとって非常に貴重なのです。


しかし、近年のセンター英語長文問題は、量が多く、構造的な問題も多いので早く和訳しても、「正解できる」ことが出来ない事が多いのです。

多くの受験生が矛盾を感じていると思いますが、今までの勉強のやり方では、いくら時間を費やしても志望校合格への道筋など見えてこないでしょう。

大学受験界では、今までの受験英語システムを崩せないからか、和訳して解く以外の方法が考えられないからか、英文和訳の問題でもないのに頑なに「和訳して解く」ということしか教えてこないので、

まじめに受験勉強をやってきた受験生でも、英語長文問題は安定的に高得点を取れない試験とされ、多くの受験生がセンター試験の中でも得点が安定しない科目として、この科目の得点で「泣か」させられる科目でした。


そんなセンター試験に対して、21歳でTOEFL世界第3位など、国際的な英語試験でトップクラスの成績をとってた唐澤先生は、センター試験が選択式英語長文問題であり、論理的に正解が導かれるはずと考え、選択式英語長文問題を正解する統一的システムを考案されました。

最初は、LSAT式として多くの受験生を志望大学に合格させてきた「センター脳」をつくりました。その教材は、今でも販売されていますが、2014年以降、センター試験がさらに抽象化したのを機に選択式英語長文問題の統一的正解法まで高め、短時間の勉強で高得点を取れるようなマニュアルを完成しました。

それがこの唐澤サミット式英語長文問題の正解方程式という正解システムです。

・センター試験直前の短時間でマスターできる
・マニュアルを繰り返し読み、その思考を身に付ければ、どんなに見かけが変わろうとも簡単に応用できる
・最小限の英語基礎知識でも選択式英語長文問題の本質的構造を掴んだやり方なので正解できる
・この思考をマスターすれば、ほかの大学の英語長文問題でも正解できるようになれる(ただし、英文和訳問題を除く)
・原書を読んでいても、そのポイントがわかるようになるとの報告も頂いております。


一日2時間、14日間で身につける【唐澤サミット式】選択式英語長文問題正解システムは、

・英語問題文を和訳する必要なし
・問題文でみるべきポイントが一目で分かる
・根拠を確信して正解を選べる
・膨大な英単語・英熟語・英語講文を暗記する必要がない
・問題文に仕掛けられている仕組みがすべて分かるようになる
・英語問題文の正解法が数学のように明確に説明されている
・問題の見かけが変更されても本質が分かるので回答できる

というようにマニュアルを数回読んだだけで、正解の仕方・ワナの仕掛けすべてが分かり、選択式英語長文問題の本質を理解できるように作られた教材です。


英語長文問題は実際に毎年受験生の多くが、失敗して志望校を受験できなかったりするのですが、多くの受験生が「安定的に高得点」を取れないといわれているこの科目での得点の差が受験生の運命の差となりうるはずです。

あなたも、一日2時間14日間(※当社モニターさん調べ)の勉強だけでセンター本番の英語長文問題を高得点をとるためのシステム選択式英語長文問題の正解方程式を身につけてみませんか?


実践された方の評判や感想なども、公式サイトでご覧下さい↓↓↓


1日2時間で2週間の短時間でマスター可能(当社モニターさん)。最新センター英語長文問題を和訳不要で、キーワードと正解公式で、根拠を確信して、数学のようにサクサク正解で高得点。英語長文問題の正解方程式(2016年センター英語長文問題題材)




唐澤 幸の【大学受験LSAT式英語長文問題速解法 難関大学オーソドクス問題制覇編】マニュアルを読むだけで、国立・私立難関大学の英語長文問題をすらすら解くスーパーテクニック [大学受験英語長文対策]

このページは、唐澤 幸先生の【大学受験LSAT式英語長文問題速解法 難関大学オーソドクス問題制覇編】マニュアルを読むだけで、国立・私立難関大学の英語長文問題をすらすら解くスーパーテクニックの効果や内容などの情報を公開しています。


司法試験で、「民法を制するものは司法試験を制する」と言われますが、大学受験、特に、私立の超難関大学で、逆転合格するためには、「英語科目」が一番重要と言われていますが、

その中でも、英語の配点の7割~9割を占める英語長文問題は、相当に得意な受験生を除いて、ほとんどの受験生にとっては、ある一定のレベルまで来たら「見えない壁」が現れますので、

ライバルに勝つためには、英語長文問題を制するものは合格を制すると行ってもいいほど重要性が高いのです。


この、英語長文問題は、一見して、「英語知識」が問われているように見えますが、実は、情報処理能力が問われていて、「混乱」による読み返しや思い違いで、時間が足りなくなって自滅するというタイプの問題なのです。


そこで紹介するのが、21歳でTOEFL世界第三位をとった唐澤先生の【大学受験LSAT式英語長文問題速解法 難関大学オーソドクス問題制覇編】で、

・難関大学英語長文問題合格力を短時間でまとめたい
・難関大学英語長文問題の制限時間内での正解力を飛躍的に伸ばしたい
・難関大学英語長文問題で安定的に合格平均点以上を取ることを目指したい

というような悩みを持つ受験生の為の、短時間「読むだけ」で、正確に混乱なく、選択問題を確信を持ってザクザク処理して、英語長文問題処理の特別なやり方や、実践的な戦略的思考を身につけ、難関大学英語長文問題を安定的に得点することを目指すマニュアルです。


これまでの「受験界」の英語長文対策では、英単語8,000以上、英熟語3,000以上、英語構文2,000以上の大量の英語知識と、

6ヶ月~1年間の「多読期(速読期)」の大量の英語長文問題演習が必要とされていましたので、ドギモを抜かれるかもしれませんが、


日本初公開の唐澤先生の英語長文問題のメソッドの秘訣を知るだけで、社会科目は本文を読む必要なんてなく、設問をみて必要な時に読むという感じで正解できるので、大学受験本番で、素早く・正確に・混乱なく試験に対処して得点を重ねるようになれることをみこめます。

大事なことは、正解に「必要な箇所」を的確につかみ正解のためだけに必要な処理作業をする以外に方法はありません。


予備校や一般の参考書では、「スラッシュリーディング」とか、「パラグラフリーディング」や、「左から読む」とか、「英語長文問題全体を訳して意味をとって解く」ことを前提にして教えているのが主流のようですが、

全部和訳して解こうとするから、問題作成者の思うツボにはまってしまってドツボにはまってしまうので、間違っても、英語問題文(記述式問題も含めて)を、全部「日本語に訳して意味を理解」して解こうとしてはいけません。

実際の試験では、受験生は、一見、容易に見える難問に時間を浪費しますが、どうやって難問に時間を浪費せずに得点しやすいポイントをどう見つけるかが最重要で、読むべきの部分を簡単に見つける方法も教えていますので、

読む箇所を拾い出すのも簡単で、超緊張した本試験でも「時間切れ」になってしまうこともありません!


このマニュアル【大学受験LSAT式英語長文問題速解法 難関大学オーソドクス問題制覇編】は期間限定で19,900円で提供されていて、本体の他にも特典もついていますので、

何回も読み[解法のコツ」をインストールして、志望大学の「過去問」を5年分やるだけのほうが、「脳」が整理され安定的に得点できるようになるはずです。


実践された方の評判や感想など、公式サイトから覧になれます↓↓↓


(LSAT 式) TOEFL世界第3位の戦略と戦術を使ってサクサク得点!早稲田大学など超難関大学英語長文問題もスラスラ高得点!この戦略と戦術に当てはめるだけ難関大学でもラクラク合格点!大学受験LSAT式英語長文問題速解法 難関大学オーソドクス問題制覇編



大学受験英語長文対策 ブログトップ